前へ
次へ

不動産の売買で値下げを要求された時

関西といえば値切りの本場と言われていました。
商売の街とも言われる関西地方では家電等を買うときに値切る人が多く、その他の地域の人からすると変に感じたかもしれません。
ただ最近はそれなりに価格交渉はするものとの認識が強まってきて、関西以外の人でも値下げ交渉をする人が増えています。
業者であればある程度値下げができる限界などを設定していますが、個人間で不動産の売買をするときとなるといろいろ注意が必要になるでしょう。
不動産の売買をするときは売り手が希望売却価格を提示し、それに興味を示した買手が物件の見学などをしてくれます。
ただ買手としては必ずしもその売却価格に納得しているわけではなく、もう少し下げてほしいと考えている人もいるでしょう。
また価格自体は十分満足しているが、もう少し下げてくれたら助かると考える人もいるはずです。
契約直前で値下げを要求されるときがあるでしょうが、あまりそれに乗るのは良くありません。
一度認めるとさらに下げるように言われます。

Page Top