前へ
次へ

不動産の売買などをする上で登記は必要

不動産を登記すること自体は義務となっていないので、登記しない状態でいることはできます。
しかし、その売買などを行う場合においては登記する必要があると言われています。
また建物が新築のものである場合、それを有している者は定められた日数までに表示登記をしないと罰せられることになります。
制度における目的は法律に書かれていますが、短く言えば取引における安全を図るためだとされています。
登記をしないと本当に不動産を持っている者であるかどうかが分からないので、不安に感じることなく行うことが不可能になります。
登記簿で第三者によるチェックをすることが可能な状態にしておけば、売買などの行為を心配することなく行うことができるという訳です。
登記をすると、所有権などの関連する権利の主張が当事者でない者に対してできるようになります。
二人に対して売買した場合などに、先に登記をしておけば、それをした者が権利の主張が可能になるという訳です。

Page Top