前へ
次へ

中古不動産を売買する時には自分でするべき

中古物件を売買する時には、手続きを自分でするべきなのかそれとも不動産業者に任せるべきなのかと悩む人もいるでしょう。
どちらにしたらいいかと迷っている人は、それぞれのケースでの利点・欠点をよく知っておく必要があります。
自分で手続きをすれば、仲介手数料を節約できるという利点がありますが、売る時には個人だと幅広く情報公開ができない、購入する時には売主とうまく連絡が取りづらいなどの欠点があります。
プロに任せると仲介手数料は必要になりますが、売る時には物件を幅広く情報公開してくれますし、価格設定や契約書の作成も代行してくれます。
購入する際にも様々な物件の中から希望する物件を提示してくれ、個人で動産の売買をするよりもスムーズに手続きを済ませることが可能です。
仲介手数料をケチったために様々な面倒な手続きを自分で行う必要が出てきたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。
そのため専門家でない人が不動産の売買をする場合には専門家に依頼することをお勧めします。

Page Top